ビジネスコーチングを受ける

佐藤春幸 コーチ プロコーチ コーチングとは 目的 効果 意味 お試し ビジネスコーチング ライフコーチング メンターコーチング エグゼクティブコーチング

なぜビジネスコーチングが求められているのか?

経営者・ビジネスリーダー・マネージャー、立場は違えど複雑かつ不確実な世の中とシビアに向き合っていることは共通しています。「解決法」自体は様々なナレッジがコモディティ化しており、これからは「そもそも何を課題として設定するか」というアジェンダ作りが求められると言われています。人間としての視座の高さ、器の大きさ、ロジックだけでなく直感を含む感性を高めていくことが重要です。

 

また、部下マネジメントはトップダウンでもボトムアップでもなく、協働型の関係性が求められており、人としての幅を広げていく重要性も増しています。

 

コーチングでは、評価判断のない安心安全なスペースを創り出し、あなたの隠れたリソースを引き出していきます。コーチングを通じて人としての在り方に変化が起き、良い影響は周りにも波及することでしょう。

変化を起こす3つのポイント

  1. 評価判断なく自分にフォーカスする時間、そんな時間を持つことがいかに難しく贅沢な時間か、これを読んでいるあなたなら共感頂けると思います。コーチングでは評価判断のない心理的安全を確保し、クリエイティブな時間を創り出します。
  2. 価値観と思い込みを知って受け入れる、それが自分の軸を作ります。「求められる役割期待に応える」ということも大切ですが、多くの人はその習慣によって「自分の軸」を忘れてしまっています。コーチングを通じてそれを取り戻すことで、「他人からの期待に応える人生」から「自分の軸を持った人生」にシフトし、より大きな充実感と成果につながります。
  3. 行動を力強く推し進める仕組みです。コーチングは、セッションでの気付きだけでなく「コーチングとコーチングの間の行動変容」が本質だと考えています。コーチングでの気付きに基づいてアクションプランを考え、日常で試して、成功&失敗を繰り返しながら、あなたのビジョンに近づいて行きます。コーチはあなたの学びを深め、行動を力強く後押しします。

こんな方に

  • 経営層/マネージャー/リーダーの方 → 経営/マネジメント/リーダーシップは孤独との戦いでもあります。「自分のあるべき姿」とは何なのか?どうやって組織を動かし、部下を育成するか?どのようにリーダーシップを発揮するのか?等、悩みはつきません。責任の重さ、孤独感、ストレスとうまく付き合い、自らのメンタルを維持しながらチャレンジし続けるために、メンターとしてコーチが伴走します。※部長〜社長、または様々なステークホルダーと関わるビジネスリーダーの成長課題を明確にする360度フィードバックツール(TLC)も提供しています。
  • パラレルキャリア(副業・複業)/独立志向の方 →  常に自分自身の意思決定に従い、リスクを背負ってチャレンジし続ける人生。孤軍奮闘になりがちな、あなたのビジネスパートナー/ライフパートナーとして、コーチが伴奏します。
  • 子育てとキャリアのバランスを取りたい女性の方 → 昔と違い、今は子育てをしながら仕事も思い切りしたい女性が増えています。時間管理・働き方・周りの人に任せる/頼るマインドチェンジを含めてコーチがサポートします。
  • 管理部門で働く方 → ルーチンワークをこなす時代は終わり、経営のパートナーとして、戦略部門として改革をリードする役割が求められています。あるべき姿に悩み、経営と現場の板挟みになることもあります。自部門はもちろん、自分自身の揺るぎない存在意義を探求し成果に向かうために、コーチが伴走します。