佐藤春幸-プロフィール

佐藤 春幸(さとう はるゆき)

東京都在住

※よく「はるさん」と呼ばれています


コーチングのプロコーチと人事のパラレルキャリア。

組織開発・リーダーシップ開発、独立やパラレルキャリア(副業/複業)といった軸で、変化の渦中にある人と企業を支援。

 

国際コーチ連盟PCC プロフェッショナル認定コーチ

CTI認定CPCC

TLC認定プラクティショナー

 

※国際コーチ連盟PCC資格者は、日本にまだ200名程度しか存在しません。

500時間以上のコーチング経験と専門的トレーニングに加え、

特別な審査と試験を通過する必要があるため、

非常にハードルの高い資格となっています。

キャリア

東証一部上場IT企業、中堅ベンチャー、大手ファッション企業で人事を歴任。その後、エン・ジャパン(株)にて、エグゼクティブ/マネージャークラスに特化した人材紹介コンサルタントとして事業立ち上げに従事。現在は、プロコーチと人事のパラレルキャリアを実践中。

 

コーチングとの関わり

新卒で入社したマーケティング会社で、インターネット事業の営業やプロジェクト管理を担当。社外の集まりで初めてコーチングの存在を知り、「答えは自分自身が持っている」というスタンスに共感して、仕事の傍ら「CTIジャパン」で学び始める。

 

その後「“人が成長する環境創り”を仕事にしたい」と思い、転職し人事へキャリアチェンジ。人事部門立ち上げフェーズの会社へ意気揚々と入社したが、現場から「うちの会社に人事なんて本当に必要なの?」と存在意義を問われ何も言い返せないところからのスタート。

 

孤独な戦いに四苦八苦していた時、プロコーチからの継続的なコーチングを受け始め、コーチングがもたらす効果(=行動変容と成果)をクライアントの立場で実感する。以後、「やりがい」と「無力感」の間を行き来しながら、中小規模〜東証一部上場企業にて、採用、人事企画、制度構築、人材開発、マネジメント、メンタルヘルス対応、労務対応、数々の修羅場を経験。

 

その後、人材紹介コンサルタントを経て、「人の可能性を信じ成長を支援する」という自分自身の原点に立ち返るため、個人でのコーチング活動を開始。

 

コーチとしての特徴

・ロジカルと直感、真剣さとユーモア、一見矛盾する要素からクリエイティブな場を創る

・コーチングの場に広がる、ゆったりとした大きなスペース

・核心をグリップし、行動につなげるアクティブさ

 

コーチングのクライアント

・20〜50代の男女

・経営者/役員〜マネージャー

・時代を担う若手ジュニアクラスの方

・結婚/出産/子育て等ライフステージの変化の渦中にいる女性

・起業/副業している方、および企てている方

・管理部門で働く方

・壁を乗り越えたい/殻を破りたい方

他 

 

私がコーチングをする理由

コーチングを通じて、クライアントからたくさんの勇気をもらい、クライアントとともに成長させていただける役割に喜びを感じるからです。

 

コーチングというと「スキル」のイメージを持つ方も多いかも知れません。しかし、スキルはごく一部の要素でしかなく、むしろコーチとしての「在り方/人となり」こそがコーチングに大きく影響します。そういう意味では、コーチであり続けることは自分を磨き続ける旅でもあります。

 

プロコーチとして様々な方にコーチングを提供して感じるのは、誰しも「自分の人生を思い切り自分らしく生きていきたい」という願いを持ち、その向こうに「自分の想像を超えた人生が待っている」ということです。

 

仕事における目標達成や自己実現に留まらず、ご自身の人生を充実させる1つの仕組みとしてコーチングを体験いただければ幸いです。

 

人となり

・話しやすい、声がいいとよく言われます。

・物怖じしないように見られがちですが、人並みに悩んだり、心配することが普通にあります。

・趣味は お笑い動画(よしもと新喜劇など)、クラフトビール飲み比べ

 

執筆その他活動

・行政書士法人jinger運営サイト「起業サプリジャーナル」にて人事関連記事を複数寄稿

・「後悔しない40代を。行動する読書会」共催